緊急事態宣言期間中における公演の開催について

 本事業(J-LODlive1,2)に申請いただく際には、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針等の政府若しくは地方公共団体等又はこれらの関係機関の方針、及び業種ごとの感染対策予防ガイドラインその他の新型コロナウイルス感染症への対策に関する重要事項に反する事業を行わないことを誓約の上で、「感染予防対策実施誓約書」をご提出していただいております。

 今般、東京都、京都府、大阪府及び兵庫県を対象に実施された緊急事態宣言に伴い、当該特定都道府県において行われる催物については、原則として無観客での開催を要請されております。

 本事業(J-LODlive1,2)に申請・採択されている案件のうち、今般の緊急事態宣言期間中(4月25日~5月11日)に開催される公演を実施するにあたっては、原則無観客での開催をお願いいたします。なお、イベント開催の無観客要請に当たっては、「社会生活の維持に必要なもの」を除くこととされていますが、例えば、国家試験・資格試験や延期・オンライン化が困難な業務上の小規模な打合せなど、その時期に開催しないことが個人の権利等を著しく制約する懸念が強いものに限定し、開催を認める趣旨であり、J-LODliveの対象となるイベントでは無観客での要請が行われている点、申し添えます。

 該当する公演については、確定検査時に、事務局から上記の点について確認させていただき、該当の特定都道府県及び国に相談なく、無断で有観客にて実施した場合には、本事業の交付決定を取消しさせていただく場合がありますので予めご理解の程何卒よろしくお願い致します。

※別途、FAQについても更新予定ですので、そちらも併せてご確認いただけますと幸いです。